御調八幡宮春季例祭みつきはちまんぐうしゅんきれいさい

御調八幡宮春季例祭
開催時期
2020年4月12日(日)
開催場所
御調八幡宮

古くから「西の吉野」と称され、人々に親しまれている御調八幡宮。天正年間には、豊臣秀吉が三原城に滞在中参拝し、境内に桜樹を手植えしたと伝えられる由緒ある神社で、広島県の天然記念物に指定されている権現作りの社殿や、国の重要文化財である木造狛犬及び古版木、阿弥陀経など貴重な品が多く保存されています。

毎年4月上旬の桜満開の時季には春季例祭が行われ、シダレザクラやソメイヨシノ、ヤマザクラ、八重桜など300本ほどの桜が咲き誇る様は圧巻!(祭りは午前11時から開催) 招福餅まきや写真コンテスト、バザーなどもあり、地域住民から観光客までたくさんの人でにぎわいます。境内を流れる八幡川周辺は自然公園として整備され、花見散策のほか、新緑や紅葉など四季折々の美しい風景に出合えます。

PHOTO

DATA

祭り名称 御調八幡宮春季例祭
開催時期 2020年4月12日(日)
開催場所 御調八幡宮
参加者数 3000人
参加条件 なし
主催 御調八幡宮社務所
問い合わせ 0848-65-8652(御調八幡宮社務所)
アクセス 山陽自動車道三原久井ICから車で5分
一覧へ戻る