久井稲生神社ぎおん祭りのおどりくいいなりじんじゃぎおんまつりのおどり

久井稲生神社ぎおん祭りのおどり
開催時期
2020年7月12日(日)
開催場所
久井稲生神社

久井町の夏を彩る夏祭り。1522年、高根山城主であった山名左近将監が稲生神社に参拝した時、氏子八ヵ村の人々がにぎやかしとして奉納したことが始まり。久井町内の旧8カ村が合同して、稲生神社の摂津・八重垣神社の例祭日に奉納し、武士行列・杖使い・おどり・獅子舞などが披露されます。杖使いは雨乞い・虫送りの踊りで、子ども達約40人が頭にシャグマをつけ、色紙をかざった竹棒を手にして円陣を作り、太鼓・鉦(かね)・ほら貝に合わせて「トンカラ」と「チャンカカ」の二種の踊りを踊ります。踊り子は風流笠をかむり小鼓をたたきながら、道びき・いさご・つぼね・花のおどり・宮島・なぞかけなどの九種を大太鼓・鉦・ほら貝に合わせて踊る。獅子舞には、ひょうきんじじいが伴い、ひょっとこ面をかぶり、ささらと陽物を持ってもどき役を成します。

DATA

祭り名称 久井稲生神社ぎおん祭りのおどり
開催時期 2020年7月12日(日)
開催場所 久井稲生神社
参加者数 約1000人
参加条件 なし
主催 久井稲生神社
問い合わせ 0847-32-6029(久井稲生神社)
アクセス 山陽自動車道三原久井ICから車で15分、
JR三原駅から甲山行きバスで30分久井国保病院前下車徒歩5分
一覧へ戻る