ちんこんかんちんこんかん

ちんこんかん
開催時期
毎年 8月 16日
開催場所
新倉町大須賀神社(牛神社)

毎年8月16日、新倉町大須賀神社(牛神社)の例祭日に奉納される踊り。数百年前からの伝統を受け継ぐ市内の4団体(沼田町ちんこんかん踊り、小坂チンコンカン踊り、宗郷町太鼓踊り、八ツ頭チコカン踊り)が、太鼓を叩きながら踊りを奉納します。

赤い衣装と鬼面をつけ小さな破魔弓を持った大鬼と、六尺棒を持った小鬼が、大太鼓・小太鼓・鉦にあわせて力強く踊る様は迫力満点。牛神社は牛の霊を慰めるために天文年間(1532~1555)に建立されたと伝えられていますが、各地で見られる雨ごいや虫よけの願いを込めて、この踊りを奉納するようになったそうです。踊りはとても賑やかで、地面に据えた大太鼓を飛び跳ねながら力強く打ち鳴らしますが、宗郷三昧道踊りだけは腰に抱えて踊ります。

DATA

祭り名称 ちんこんかん
開催時期 毎年 8月 16日
開催場所 新倉町大須賀神社(牛神社)
参加者数 約300人
参加条件 なし
観覧無料
問い合わせ 文化課:0848-64-9234
アクセス JR三原駅から本郷方面行きバス で「県立広島大学」下車徒歩2分
一覧へ戻る